高ヶ坂・成瀬地区

高ヶ坂地区の主な活動

地区連合会主催の市政懇談会を開催し住民の要望を実現させるための取組み
平成26年度も22町内会から47項目の要望書がだされました。市連合会・地区連合会・単位町内会にわけて解決を図っています。この市政懇談会は、38年前の昭和52年から毎年開催、多くの要望事項を実現させてきました。
これまでに、成瀬消防署出帳所、高ヶ坂・成瀬地区の住居表示の早期実現、高ヶ坂地区の交番の設置、成瀬地区・高ヶ坂地区に特別養護老人ホームの実現、神奈川中央交通のバス路線の改善等々たくさんの要望を実現してきました。

高ヶ坂地区の主な事業

(1) レクリエーション大会は大人・子供・老人が一同に集まりいろいろなゲームに親しみながら集います。

(2) 芹ヶ谷ひだまり荘主催(5町会主催)の夏の「納涼の夕べ」が毎年8月に、小規模ながら楽しい夏祭 りを開催しています。

(3) 高ヶ坂ふれあいセンター主催の行事としてふれあいセンターは9つの町内会・自治会が運営しており、単なる集会所としての運営だけでなく、以下の活動を行っています。

  • 毎年歩こう会の実施
    町田市の名所を巡るハイキング
  • ふれあい祭りの実施
    12月に開催  地元の農家で採れた新鮮な野菜を販売又フリーマーケットを開催。正月用のお飾りの販売等も実施。
  • その他
    市主催の桜まつりや時代祭り(流鏑馬)には、各町内会から会場の整備要員として参加し、成功のために尽力。

成瀬地区の沿革

平成26年4月現在13の町内会・自治会が地区連合会に所属しています。
成瀬村の自治組織が正式に町内会として呼称されたのは昭和29年であり「町田町成瀬町内会」となりました。その後、昭和33年に「町田市成瀬町内会」に改称されました。昭和40年代に入り、各地で開発が始まり土地造成が行われ、昭和38年に鞍掛台自治会、昭和44年に成瀬松風台自治会、昭和49年に鹿島自治会、昭和52年に成瀬殖産地区自治会、成瀬台自治会、北成瀬自治会、ポプラケ丘自治会、成瀬台2丁目自治会が設立されました。
南成瀬土地区画整理事業が昭和57年に完成し、その3年前の昭和54年4月には成瀬駅が開業しました。急激な人口の増加をみて、昭和57年に成瀬町内会を4つに分割し、南成瀬一・二・三町内会(現在は南成瀬ひふみ町内会)、南成瀬四・五・六丁目町内会(現在は南成瀬中央町内会)南成瀬東町内会(現在は南成瀬ひがし町内会)が発足しました。
大型開発の成瀬団地は、昭和54年7月に「都営成瀬自治会」としてスタートしました。(現在は成瀬団地自治会)更に、昭和59年には学園成瀬自治会(東玉川学園自治会)、昭和60年には西成瀬自治会(成瀬西自治会)が発足しました。その後、平成6年2月に成瀬駅前ハイツ自治会が設立されました。
成瀬駅前ハイツ自治会と成瀬団地自治会は平成25年度から市連合会に加入しました。

成瀬地区の主な地域活動

  • スポーツ健康フェスタ
    平成26年10月12日の開催で8回目を迎えました。それ以前は成瀬地区運動会として昭和52年に始まり、当時は、高ヶ坂地区との合同で開催されていました。昭和57年から成瀬地区と高ヶ坂地区が別々に開催されることになり、平成19年から現在のスポーツ健康フェスタに名称を変え開催されています。
  • ソフトバレーボール大会
    昭和55年にソフトボール大会で始まった地区連合会のスポーツ行事は、昭和62年からソフトバレーボール大会に変わり、現在も続けられています。
  • 成瀬まつり
    成瀬の夏を飾る行事の一つとして年々盛大に開催されるこの祭りは、最初は、盆踊りから始 まりました。今ではヒップホップ・エイサー・歌謡ショー等を取り入れ、町田市の中でも大規模な祭りの一つになりました。平成26年で28回となりました。伝統芸能の「成瀬ばやし」が毎年披露されます。

投稿はありません。

町内会・自治会一覧

団体名
管内町丁
高ヶ坂第一町内会
高ヶ坂2~7丁目
高瀬住宅自治会
高ヶ坂3~5丁目
芝好園自治会
高ヶ坂2丁目
高北自治会
高ヶ坂1丁目
東京都住宅供給公社高ヶ坂住宅自治会
高ヶ坂3丁目
向陽台自治会
高ヶ坂3丁目
高ヶ坂第2アパート自治会
高ヶ坂7丁目
晴見台自治会
高ヶ坂3丁目
高美台自治会
高ヶ坂7丁目、原町田2丁目
成瀬町内会
成瀬4〜7丁目
成瀬西町内会
西成瀬
成瀬殖産地区自治会
西成瀬2丁目
成瀬松風台自治会
西成瀬1丁目
鞍掛台自治会
西成瀬1〜2丁目
鹿島自治会
成瀬8丁目
成瀬団地自治会
成瀬7丁目
南成瀬1〜3丁目
南成瀬中央町内会
南成瀬4〜6丁目
南成瀬7〜8丁目
エステスクエア成瀬自治会
成瀬6丁目
東玉川学園自治会
東玉川学園
成瀬駅前ハイツ自治会
南成瀬1丁目
合計 22団体